NPC高等学院で
通信制高等学校を確実に卒業する
当校は学校法人山口学園 松陰高等学校のプログラムを利用させていただいています。

当校では学校法人山口松陰学園 松陰高等学校の広域通信制高校のプログラムを利用し、高校卒業資格が取得できるように指導しています。当校に入学すると、当校と当校が指定する通信制高等学校(松陰高等学校)に同時に入学します。
当校では通信制高等学校だけではできないことや、生徒や保護者様のご要望を当校ならではの丁寧な指導、きめ細やかな対応で実現しています。通信制高校の授業でよくわからないことや、疑問があることなどは当校の講師たちが基礎から教え、理解を深めていきます。当校での指導を受けることで、通信制高校を卒業し、高卒資格を取得することがより確実になります。

通信制高校は通学制の他の高校と比べ、大きく異なっている点がいくつかあります。学校へあまり通わなくても学べる仕組みをご覧ください。
高校卒業には大きく3つの条件を満たす必要があります。そのポイントは以下の通りです。
通信制高校を卒業して得られる卒後湯資格は全日制高校と同じです。

3年間で74単位取得を目指します。 

卒業するには3年以上の在籍期間が必要です。

卒業には入学式、オリエンテーション、校外活動などが30時間必要です。

通信制高校は自宅学習が基本です。『レポート作成』『スクーリング』『定期テスト』等で、卒業までに74単位を取得していきます。前籍校で修得されている単位はそのまま引き継げます。

通信制高校で卒業するために必要なポイントの一番目は74単位以上取得することです。自宅学習でレポートを解き、提出、テストに合格することで単位を取得します。また、転学(転校)や編入(高校中退後の入学)の方は、前籍校からの単位が引き継げる場合があります。

高校を卒業するための在籍期間です。以前通っていた学校がある場合、これまでの在籍期間(休学期間は除く)が引き継げます。前籍校と当校の在籍期間が合計で3年以上あれば大丈夫です。

通信制高校で卒業するために必要なポイントの2番目は高校の修業年限が3年以上あることです。修業年限とは税籍機関のこと。転学(転校)の方や編入学(高校を中退された方の入学)の方は前籍校で在籍していた期間と合計して3年間で卒業条件の2つ目が満たされます。

3年間で30時間以上の特別活動に参加しましょう。入学式、卒業式、学院祭、修学旅行、その他、当校ならではの学校行事がいろいろあります。それらの行事に参加していただければ特別活動への参加となります。

通信制高校で卒業するために必要なポイントの3番目は30時間の特別活動に参加することです。入学式や終業式などの行事や学院祭などのイベントも特別活動として認められます。